ついに、Google AdSenseの審査が通りました。

長かったような、前評判よりは早かったな。といった感じです。

審査をし始めたときから、受かった時のブログの状況などを記録していきたいと思います。

また巷には、臭すぎる噂話が多いのでそこらへんもぶったぎっていきたいと思います。

私も一時期、webにある情報に踊らされて本質を見失ってしまったときがありました。(苦笑)

 

スポンサードリンク


 

まず、最新のGoogle Adsenseの基本的な流れを説明したいと思います。

※あくまで今回の私の体験談なので、違う場合があるとかそういうのはわかりませんのでご了承ください。

まず、Google Adsenseの公式ページに行きます。

ここでポチポチと申請をしていきましょう。

完了画面まで行ったら申請はおしまいです。

あとは、メールが来るのを待ちます。

ちなみにこのメールはすぐきます。一日二日です。早ければ数時間で来ます。

これは、調べたかぎりではプログラムによる審査のようでコンテンツ量とかwebとして公開するうえで最低限の要素を持ってるかくらいの審査らしいです。

しかし私は、記事の内容とか特に書き換えずに、愚直に記事を書いては申請し、記事を書いては申請しを繰り返していたので

なにがダメで、なにが良いのか正直わかりません。(笑)

わかったら対策ができちゃうので、わからないのはしょうがないとは思いますが。

でもすぐ結果が来るので、とりあえず申請。ぐらいの気持ちでやっていけば問題ないかと思います。

ダメだった場合はこんな感じです。

次は、通った場合です。

 

こんな感じです。

よっしゃきたああああああああ

ってなって『今すぐ利用を開始』のボタンを押すと。。。(画質が悪くてすみません。)

ん。。。。?

これが二回目の審査です。まさに生き地獄。目の前で広告設定のページが見えるにもかかわらず。

審査待ちです。

タブを自身のブログに埋め込んで待つこと2,3日。

これでついに広告が利用できるようになります。

 

スポンサードリンク


 

今システムの移行中なのか、ややメールの内容と審査の流れが食い違っているような気がしますが

私は実際こんな感じでした。

全部で10回ほど、申請をして二次審査に行けたのが2回です。2回目の二次審査で通ることができました。

一次審査は、余裕や簡単に通ると書いてあるところがあります。

・・・

本当ですか?

 

 

むしろ二次が人為的な審査だと思うので、それで落とされるってブログの品質の問d・・・

全体的な流れはこんな感じです。

次回は、対策ではなく!あくまでも巷の噂の真偽とブログの品質について考えていきたいと思います。

こちらをクリック

 

[最新版]Google Adsenseの審査が通ったので分析します(1/2)” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です