ハロウィーン。それは、日本で行われている若者がウェイウェイやるイベントではなく、ケルト人が一年の終わりに、秋の収穫と悪霊のお祓いをする神聖な儀式である。(Wikipediaより)

シリコンバレーでは一体どんなハロウィンが行われているのか、気になり少しまとめてみようかと思ったのですがすでにだいぶまとまっているサイトを見つけたのでそちらを紹介します。

Bay Area Kid Fun

こちらのサイトには、ベイエリアのほとんどのハロウィンのイベントが満載になっていますのでどこかに繰り出そうと考えている人はぜひ参考にしてください。

今回は、ほかの楽しみ方についてもご紹介していこうと思います。

まず一つ目。

1.普通にトリックオアトリートをする。

本場のアメリカは小さい子が近所をコスチュームして練り歩く文化です。歩いてる人には、言われませんが自宅にいる場合はかならずお菓子をもっていましょう。子供の悲しい顔はみたくないですよね。

日本とは違い、ハロウィン仕様の家の雰囲気も全く違います。

扉を覆う蜘蛛がいたり、ゾンビがいたり骨や手が落ちてたりなど、子供にそれ大丈夫か?っていうほどの本格的なハロウィン仕様の家がたくさん見ることができます。

また、大人に対してもウェルカムなおうちもあるのでお邪魔して大人のパーティーを楽しむのもアメリカン。

そこで初めてあった人とお酒を飲みながら練り歩くなんてまさにアメリカらしいイベントかもしれません。

そんな感じで、ハロウィンの日は近所をお散歩してみるのもいいかもしれません。小さい子供たちがコスチュームをしているかわいらしい姿も見ることができますよ。

 

2.シリコンバレーならば、スティーブジョブスの家でパーティーしよう。

ハロウィンの日は、なんとスティーブジョブスの家が解放されていてそこでパーティーのイベントがあります。

詳しくはこちら↓↓

http://appleinsider.com/articles/11/11/01/halloween_tradition_continues_at_steve_jobs_home_in_palo_alto

いろんな人がスティーブジョブスの家をみにやってきます。

スティーブジョブスの家ということで、ビジネス上の思わぬ出会いもあるかもしれない、、、なんてことがあるかもしれない。。。

そんな気もしてきます。いろんな意味で行ってみる価値がありそうですね。

家族で楽しむなら、ご近所回り。友達と楽しむなら、フェスティバル。年代によって楽しみ方が分かれている印象でした。

フェスティバルは、連日やっているのでぜひいろんなところに足を運んでみては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です